お気に入りグッズやグルメを、まったりのんびり紹介するBlog。
おすすめのススメ!(公式ブログ)
キャンプ・アウトドア入門ガイド 登山やトレッキング・クライミング・トレイルランニングなどを紹介、キャンプ場・バーベキュー場ガイドも!
2017-07-20-Thu  CATEGORY: 雑貨
家族や仲間たちと一緒に自然に触れ合って楽しむことは、
本当に楽しいものです。
しかし、いざやってみようと思っても、
何が必要なのかわからない…。

でも、最低限の道具や装備さえあれば、
意外と気軽に楽しめます。
道具は、全部一気にそろえる必要はなく、
やりながら、少しずつ道具を揃えるのも、
また楽しみの一つだったりします。

ココでは、初めての道具選びのちょっとしたコツを
少しだけお教えいたします!
アウトドアに一歩踏み出すお手伝いになれば幸いです。

■ 代表的なアウトドアの種類と特徴 ■
〇キャンプ
 キャンプは、アウトドアの基本と言っても過言ではありません。
 ただ、説明書を見ながらテントをたてたり、
 慣れない寝袋で寝てみたり、大変な思いもするかもしれませんが、
 綺麗な花を見つけたり、夕焼けに染まる山を見たり、
 満天の星空で星座を楽しんでみたりと自然の中で過ごす事で、
 普段では味わえない、非日常的な時間や空間が楽しめます♪

〇登山・トレッキング
 日本には四季があり、同じ山でも季節によって、
 まったく別の顔を見せてくれ、その色々な山の景色を眺めたり、
 山のおいしい空気を吸いながら、適度な運動で、
 気持ちのよい汗をかいたりすることが山を歩く楽しみでの一つ♪
 山登りは、場所や天候を選べば、
 特殊な道具や装備をそろえる必要はありませんが、
 より快適な山登りをする上では、装備の役割は重要!
 天候や場所などによって適切な道具選びをすることで、
 より快適に山登りが楽しめます♪

〇クライミング
 ロッククライミングには、大きく分けて2つあります。
 岩場を含む困難な山に登ることを目的とした、
 「アルパインクライミング」と、
 ジムや岩場のルートで登ること自体を楽しむ、
 「フリークライミング(スポーツクライミング)」があります。
 フリークライミングの中には、ボルダリングという、
 ロープなどを着けずに気軽に楽しむクライミングもあり、
 クライミングジムなどで初心者の方でも簡単に始められます。

〇トレイルランニング
 簡単に言えば、野山の中でのランニングです。
 山を歩くのとは違い、スピード感や爽快感がありますし、
 街を走るのとも違い、道は不整地でアップダウンもあるので、
 変化を楽しめます♪
 水や携帯食、装備等をパックで背負って山に入ることが一般的で、
 また、レースも各地で行われていて、
 ランニングの延長で楽しむ方や登山のトレーニングのためなど、
 目的や趣向は様々ですが、年々参加する方が多くなってきています。
 最初は走れるところだけでも走って、疲れて登りなどは歩いてもOK!
 無理せず楽しむことが重要なポイントです♪
------------------------------------------
■ 購入前のポイント ■
〇キャンプ
・テント
 テントには、それぞれ何人用と人数によって大きさが分かれており、
 ポイントとしては、「使う人数+1」をした人数のテントを選ぶと、
 テント内が広々と使えて快適です♪
 デザインがシンプルなドーム型は設営が、簡単で収納もコンパクト!
 それとは対照的に、ポールの組み合わせを工夫しテント内の高さや、
 広さを大きくしているテントは、中が広々として快適です!

・タープ
 こちらもテントと同じく使う人数で大きさを選びます。
 ただ、テントのように何人用のような表示はありません。
 形は大きく分けて、ひし形をしている「ウィングタープ」と、
 六角形をしている「ヘキサゴン(ヘキサ)タープ」があり、
 ウィングタープは設営が簡単で、
 ヘキサゴンタープは、風に強いという特長があります。

・テーブル・椅子
 テーブル・イスとも折り畳みのコンパクトになるタイプが多く、
 形や大きさは様々。 大きなポイントとしては、
 テーブルとイスの高さのバランスがあったものを選ぶのが重要で、
 簡単に選ぶには、同じメーカー・シリーズで選ぶのがベスト。
--------------------------------
〇登山・トレッキング
・トレッキングシューズ
 アップダウンが少なく距離も短ければ、
 普段靴に近いローカットで柔らかめのシューズの方が楽ですし、
 荷物も多くて岩場や高低差があるような時には、
 足首をガッチリと固定できるような、
 しっかりしたハイカットのシューズの方が快適です。
 サイズ選びに関しては、つま先に、
 約1cmほどの余裕のあるサイズが適度なサイズとなります。

・ザック・デイバッグ
 通常日帰りの山登りであれば、
 ザックの容量は、20L~30L位がよいと思います。
 背負い心地のよい、しっかりしたシステムのものだと、
 重量が増えてしまうが長く歩いたり重い荷物になる場合には快適。
 ザックの横にペットボトルが入るポケットが付いていたり、
 ウエストベルトの所にデジカメなどが入るポケットなどが便利です。 

・ウエア
 肌に直接触れるウェアは、快適性に大きく影響します。
 基本的には、汗をかいたり雨で濡れてしまっても、
 すぐ乾く速乾性の素材のものを選ぶとよいです。
 山登りの時だけでなく、普段来ていても快適なウェアです。

・雨具・レインウエア
 上下セパレートの雨具が山登りには適しており、
 雨の時だけでなく風が強い時などの防寒着としても、
 役に立つことから、着る機会は多くなります。
 ゴアテックスという防水生地が有名で、
 防水性と透湿性(湿気を通す性能)が高く、
 ウェア内の蒸れを軽減してくれる性能が高い生地で、
 一度買うと長持ちするので、なるべくなら、
 性能の高いものを選ぶとよいと思います。
--------------------------------
〇クライミング
・クライミングシューズ
 初めてクライミングシューズを買う場合には、
 まず足の実寸を測りましょう!
 紙の上に足を置き、足を鉛筆などでなぞって、
 つま先からかかとまでの長さが足の実寸です。
 その実寸で、シューズのサイズを選び、
 クライミングシューズは、とってもきついので、まずは、
 実寸+2~3cm位のシューズをお選びいただくと良いと思います。

・ハーネス
 ジム等ではじめる場合のハーネスは、
 足を通す所がループになっている形のハーネスが良いです。
 更に、その足のループの長さを調節できるタイプのハーネスの方が、
 季節によって、ウェアの厚みが変わっても対応できます。
 サイズは、ウエストのサイズと足周りのサイズがありますが、
 基本的には、ウエストのサイズを優先してお選び下さい。

・カラビナ
 最初にそろえるカラビナは、ビレイ(確保)をする際に、
 安全環が付いたカラビナが必要です。
 それと高い場所や不安定な場所で、
 自分の身を確保する為のカラビナが必要で、それ以外は、
 必要に応じて数をそろえていく必要があります。
 ビレイ用の安全環付きカラビナは、
 小型のカラビナよりも少し大きめカラビナの方が使いやすい。
--------------------------------
〇トレイルランニング
・シューズ
 最初に選ぶシューズとしては、靴底のクッション性がいいものがよく、
 軽さも重要な要素ですが、不整地やアップダウンのある道を、
 長く行動するには、クッション性がよいものの方が、
 結果的に疲れにくく快適です。
 グリップ力も重要で靴底の裏がゴツゴツしているシューズの方が、
 グリップ力が高いものが多いです。

・バッグ
 容量は、10~15L位のものが、
 一つ目のトレイルランニングパックとしてはよいと思います。
 トレイルランニングで持つものとしては、
 水と食料と防寒着(ウィンドブレーカーなど)等があり、
 それが無理せず入る大きさが選ぶポイントです。
 小さ目を選んでしまうと荷物の出し入れが大変になってしまったり、
 必要な荷物が入りきらなくなってしまうからです。

・ハイドレーション
 水の入る容量としては、1.5Lから2L位あるとよいと思います。
 それと形と大きさに関しては、パックに入る大きさや、
 形を選ぶ必要がありますが、水の入れる量で、
 タンクの大きさや形はある程度調整ができます。
=======================
山・海辺でのキャンプ、バーベキュー、野外フェスと…、
アウトドアのイベント毎に活躍間違いなしの、
注目アイテムはコチラでチェック!

テント、タープ、シュラフ、調理器具、
バーベキューセット、ストーブ、コンロ、ランタンの
基本セットには、様々な種類があり、
選び方にもコツがありますので、
初心者の方は、まず、ココを読みましょう!

==========================
全国の約320のキャンプ場を、ご紹介。
交通アクセスや営業時間などの基本情報をはじめ、
オートキャンプ場、フリーテントサイトなど、
形態別の料金情報まで載ってますよ!

★ イチオシのキャンプ場 ★
エコキャンプみちのく、白い森オートキャンプ場
上毛高原キャンプグランド、清里中央オートキャンプ場
成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場
八千穂高原駒出池キャンプ場、御殿場欅平ファミリーキャンプ場
能登リゾートエリア増穂浦キャンプ場、マキノ高原キャンプ場
下北山スポーツ公園キャンプ場、片添ヶ浜海浜公園オートキャンプ場
トム・ソーヤー冒険村 津谷キャンプ場など
=======================
全国の約200のバーベキュー場情報を、ご紹介。
営業時間や申し込み方法、レンタルできる器具や
販売している食材などが載ってますよ!

★ イチオシのバーベキュー場 ★
前田森林公園、盛岡市外山森林公園
城里町総合野外活動センター ふれあいの里
嵐山渓谷バーベキュー場、潮風公園バーベキュー広場
昭和記念公園、秋川橋河川公園バーベキューランド
こども自然公園バーベキュー広場、旭高原元気村
さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト、松任海浜公園
服部緑地バーベキュー広場、
ガリバー青少年旅行村、讃岐まんのう公園など
==========================
■ 楽天トラベル ラッキーくじ ■

※最高10000ポイントですよ!
--------------------------
■ 楽天ラッキーくじ ■

※最高10000ポイントですよ!
---------------------------
■ 楽天ブログ ラッキーくじ ■

※最高2000ポイントですよ!
---------------------------
■ 楽天カブくじ ■

※最高1000ポイントですよ!
---------------------------
■ 楽天オークションくじ ■

※最高1000ポイントですよ!
---------------------------

※月に数百ポイントなら貯まりますよ!
スポンサーサイト
ページトップへ
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 おすすめのススメ!(公式ブログ). all rights reserved.